塗装技術

静電紛体塗装


静電粉体塗装静電粉体塗装
静電粉体塗装とは、エポキシ系の粉体塗料を帯電させその静電気の力で塗装したい製品の表面に付着させる塗装方法です。
粉体の塗料を静電気によりマンホール蓋枠の表面に付着させ、加熱し焼付硬化させます。
塗料に溶剤等の揮発成分が含まれないためピンホールなどが発生しにくく、高い防錆効果を誇ります。
ガードレールなどで広く採用されている方式です。
長島鋳物では全ての製品が標準で静電紛体塗装をされています。

重防食マンホールふた Nagashima Anti Corrosion System (NACS)


金属溶射
亜鉛(Zn)を溶かしながらマンホール蓋枠へ吹き付け母材の鋳鉄と一体化させる金属溶射技術と静電粉体塗装を組み合わせた製品です。
亜鉛は母材の鋳鉄よりも錆びやすく、また亜鉛は穏やかに錆びます。厚い亜鉛皮膜が身代わりに腐食することで、母材の腐食を大きく遅らせることができます。
当社の重防食マンホールふたでは金属溶射後、さらに粉体塗装を施すことで塩害発生地や温泉地に使用可能な耐腐食性能を有しています。

ハイブリッドコート


母材の鋳鉄の表面に電気亜鉛メッキを行い、その上に静電粉体塗装をした製品です。
次世代軽開放型のコントロールテーパー鉄蓋 NCT(下水道用)では、蝶番ピンとロック部品に標準で採用しています。