スリップ防止技術

スリップ防止性能試験装置 MCフリクションテスター


MCフリクションテスター
国立大学法人群馬大学大学院工学研究科松原雅昭教授との共同研究により開発した、スリップ防止性能試験装置です。
実際のスクーターの走行状態を高度に再現することで、実際の道路での濡れたマンホール鉄ふたでのスリップ防止性能を極めて高い精度で測定できます。
長島鋳物ではMCフリクションテスターを駆使し、高性能なスリップ防止デザインマンホールを開発しております。

スリップ防止デザイン ASPS


ASPSの摩耗ASPS
住友ゴム工業との共同研究で開発したASPS模様は、鉄蓋表面突起が摩耗すると形状が変わり、タイヤと接触するエッジ数が増加する3次元構造です。

次世代型スリップ防止デザイン ASPS Neo


ASPS-NeoASPS-Neo
ASPSの優れたスリップ防止性能を維持しながら、突起部の形状を最適化することで耐摩耗性能を大幅に向上させた製品が「ASPS-Neo」です。
スリップ防止性能と長寿命性を両立させた全く新しい発想の模様です。

上水道用スリップ防止技術 ASPS Color


2段構造葢2段構造葢断面
上水道用鉄蓋はその使用目的から高い視認性が必要とされます。従来のカラーマンホール鉄蓋では充填した樹脂により凹凸が減少しスリップ防止性能が低下する場合がありました。
ASPS Colorは、高いスリップ防止性能を誇るをASPSを元に、カラー樹脂を充填してもなおスリップ防止性能を確保できる構造を実現いたしました。
この技術は軽開放型消火栓鉄蓋 FCT(上水道用)に使われています。