会社概要

社名
長島鋳物株式会社
商標
エヌイチ
本社所在地
〒332-0022 埼玉県川口市仲町2番19号
代表取締役社長
長島博高
創業
昭和20年8月20日
設立
昭和32年6月17日

認定資格等


ISO 9001
JIS表示許可工場
日本下水道協会認定工場
日本水道協会検査工場 (久喜事業所)

会社沿革


昭和20年8月
鋳都川口市にて長島義雄が個人営業開始
昭和32年6月
資本金150万円にて長島鋳物株式会社設立 長島義雄、代表取締役社長に就任
昭和39年3月
日本下水道協会に賛助会員として入会
昭和39年9月
日本水道協会に賛助会員として入会
昭和42年7月
資本金760万円に増資
昭和43年9月
愛知県岡崎市に岡崎営業所を開設
昭和44年11月
埼玉県伊奈町に上尾工場を建設
昭和45年7月
仙台市に仙台営業所を開設
昭和46年6月
埼玉県鷲宮町に鷲宮工場を建設
昭和46年7月
大阪府池田市に大阪営業所を開設
昭和46年9月
資本金を1,440万円に増資
昭和47年3月
資本金を2,880万円に増資
昭和47年6月
日本強靱鋳鉄協会入会
昭和50年9月
岡崎営業所を愛知県豊橋市に移し、豊橋営業所に改称
昭和54年9月
本社営業部ビルを伊奈町に建設
昭和57年9月
川口本社事務所新築
昭和57年12月
福岡市に福岡出張所を開設
平成元年3月
福岡出張所を福岡営業所に改称
平成元年11月
JIS表示許可取得(球状黒鉛鋳鉄品)
平成 2年6月
長島博高、代表取締役社長に就任、同時に長島義雄会長に就任
平成 3年5月
埼玉県鷲宮町に加工工場を建設
平成 3年6月
日本グラウンドマンホール工業会の設立に発起人として参画
平成 5年3月
鷲宮工場に技術部棟建設
平成 6年4月
鷲宮事業所開設
平成 7年3月
福岡営業所を福岡県新宮町に移転
平成 9年3月
広島営業所を福山市に開設
平成10年7月
水道用鉄蓋工業会入会
平成12年4月
ISO 9001を認証取得
平成12年4月
日本小型マンホール工業会に賛助会員として入会
平成15年2月
埼玉県大利根町に大利根配送センターを開設
平成16年2月
全国パラボラ工法協会に賛助会員として入会
平成16年6月
全国パラボラ工法協会の地方事務局を全営業所に設置、開設
平成16年10月
ダクタイル鋳鉄桝協議会の設立に発起人として参画
平成16年10月
ダクタイル鋳鉄桝協議会の会長に長島博高就任
平成17年6月
スレンダホール工業会に賛助会員として入会
平成17年7月
新たに設立された日本鋳造協会に入会
平成20年7月
鉄蓋専用スリップ防止性能試験装置「MCフリクションテスター」完成
平成21年1月
レコサール工業会に賛助会員として入会
平成22年3月
久喜市と鷲宮町の合併に伴い鷲宮事業所を久喜事業所に改称
平成22年3月
加須市と大利根町の合併に伴い大利根配送センターを加須配送センターに改称
平成23年4月
公益社団法人 日本下水道管路管理業協会に賛助会員として入会
平成23年7月
ハットリング工法協会に正会員Bとして入会
平成27年6月
本社営業部を埼玉県久喜市へ移転
平成27年12月
設備更新により自動造形ライン及び自動鋳湯ラインが稼働、IoTを活用した生産管理を導入
平成28年1月
高周波誘導炉を更新
平成28年3月
次世代軽解放鉄ふた「コントロールテーパー」が日本下水道新技術機構の建設技術審査証明を取得
平成28年11月
埼玉県「彩の国工場」に指定される