会社概要 /Our History

社名 /Company Name
長島鋳物株式会社
NAGASHIMA FOUNDRY Co., Ltd.
  (Romanized Native Name: NAGASHIMA IMONO KABUSHIKI GAISHA)
商標 /Trademark
エヌイチ 
本社所在地 /Head Office
〒332-0022 埼玉県川口市仲町2番19号
2-19 Nakacho, Kawaguchi, Saitama-Ken 332-0022, Japan
代表取締役社長 /President
長島博高
Hirotaka Nagashima
創業 /Founded
昭和20年8月20日
August 20, 1945
設立 /Established
昭和32年6月17日
June 17, 1957


認定資格等 /Certification

ISO 9001 (久喜事業所、本社営業部)
JIS表示許可工場
日本下水道協会認定工場
日本水道協会検査工場 (久喜事業所)
ISO 9001
JIS display permitted foundry
Japan Sewage Works Association certified foundry
Japan Water Works Association Inspection foundry (Kuki Office)


会社沿革 /Our History

1945 昭和20年8月
鋳都、埼玉県川口市にて長島義雄が個人営業開始
1957 昭和32年6月
資本金150万円にて長島鋳物株式会社設立 長島義雄、代表取締役社長に就任
1964 昭和39年3月
日本下水道協会に賛助会員として入会
1964 昭和39年9月
日本水道協会に賛助会員として入会
1967 昭和42年7月
資本金760万円に増資
1968 昭和43年9月
愛知県岡崎市に岡崎営業所を開設
1969 昭和44年11月
埼玉県伊奈町に上尾工場を建設
1970 昭和45年7月
宮城県仙台市に仙台営業所を開設
1971 昭和46年6月
埼玉県鷲宮町に鷲宮工場を建設
1971 昭和46年7月
大阪府池田市に大阪営業所を開設
1971 昭和46年9月
資本金を1,440万円に増資
1972 昭和47年3月
資本金を2,880万円に増資
1972 昭和47年6月
日本強靱鋳鉄協会入会
1975 昭和50年9月
岡崎営業所を愛知県豊橋市に移し、豊橋営業所に改称
1978 昭和54年9月
本社営業部ビルを伊奈町に建設
1982 昭和57年9月
川口本社事務所新築
1982 昭和57年12月
福岡市に福岡出張所を開設
1989 平成元年3月
福岡出張所を福岡営業所に改称
1989 平成元年11月
JIS表示許可取得(球状黒鉛鋳鉄品)
1990 平成 2年6月
長島博高、代表取締役社長に就任、同時に長島義雄会長に就任
1991 平成 3年5月
埼玉県鷲宮町に加工工場を建設
1991 平成 3年6月
日本グラウンドマンホール工業会の設立に発起人として参画
1993 平成 5年3月
鷲宮工場に技術部棟建設
1994 平成 6年4月
鷲宮事業所開設
1995 平成 7年3月
福岡営業所を福岡県新宮町に移転
1997 平成 9年3月
広島営業所を福山市に開設
1998 平成10年7月
水道用鉄蓋工業会入会
2000 平成12年4月
ISO 9001を認証取得
2000 平成12年4月
日本小型マンホール工業会に賛助会員として入会
2003 平成15年2月
埼玉県大利根町に大利根配送センターを開設
2004 平成16年2月
全国パラボラ工法協会に賛助会員として入会
2004 平成16年6月
全国パラボラ工法協会の地方事務局を全営業所に設置、開設
2004 平成16年10月
ダクタイル鋳鉄桝協議会の設立に発起人として参画
2004 平成16年10月
ダクタイル鋳鉄桝協議会の会長に長島博高就任
2005 平成17年6月
スレンダホール工業会に賛助会員として入会
2005 平成17年7月
新たに設立された日本鋳造協会に入会
2008 平成20年7月
鉄蓋専用スリップ防止性能試験装置「MCフリクションテスター」完成
2009 平成21年1月
レコサール工業会に賛助会員として入会
2010 平成22年3月
久喜市と鷲宮町の合併に伴い鷲宮事業所を久喜事業所に改称
2010 平成22年3月
加須市と大利根町の合併に伴い大利根配送センターを加須配送センターに改称
2011 平成23年4月
公益社団法人 日本下水道管路管理業協会に賛助会員として入会
2011 平成23年7月
ハットリング工法協会に正会員Bとして入会
2015 平成27年6月
本社営業部を埼玉県久喜市へ移転
2015 平成27年12月
設備更新により自動造形ライン及び自動鋳湯ラインが稼働、IoTを活用した生産管理を導入
2016 平成28年1月
高周波誘導炉を更新
2016 平成28年3月
次世代軽開放鉄蓋「コントロールテーパー」が日本下水道新技術機構の建設技術審査証明を取得
2016 平成28年11月
埼玉県「彩の国工場」に指定
2018 平成30年3月
経済産業省・中小企業庁「はばたく中小企業・小規模事業者300社」2018年版に選定
 
August 1945
Yoshio Nagashima started private business in the city of casting, Kawaguchi City
June 1957
Established Nagashima Foundry Co., Ltd. with capital of 1.5 million yen. Yoshio Nagashima assumed the position of President
March 1964
Joined Japan Sewage Works Association as a supporting member
September 1964
Joined Japan Water works Association as a supporting member
July 1967
Increased capital to 7.6 million yen
September 1968
Opened Okazaki Sales Office in Okazaki, Aichi
November 1969
Constructed Ageo Foundry in Ina-machi, Saitama
July 1970
Opened Sendai Sales Office in Sendai, Miyagi
June 1971
Constructed Washinomiya Foundry in Washimiya-machi, Saitama
July 1971
Opened Osaka Sales Office in Ikeda, Osaka
September 1971
Increased capital to 14.4 million yen
March 1972
Increased capital to 28.8 million yen
June 1972
Joined Japan High Grade Cast Iron Association
September 1975
Relocated Okazaki Sales Office to Toyohashi and renamed Toyohashi Sales Office
September 1979
Constructed Sales Department building in Ina-machi
September 1982
Constructed Kawaguchi Head Office building
December 1982
Opened Fukuoka Branch Office in Fukuoka
March 1989
Renamed Fukuoka Branch Office to Fukuoka Sales Office
November 1989
Obtained JIS labeling permission (Spheroidal graphite cast iron products)
June 1990
Hirotaka Nagashima assumed the position of President and Representative Director, Yoshio Nagashima assumed the position of Chairman
May 1991
Constructed Processing Plant in Washimiya-machi
June 1991
Participated as founder in the establishment of Japan Ground Manhole Industry Association
March 1993
Constructed Technology Building at Washinomiya Foundry
April 1994
Established Washinomiya Office
March 1995
Relocated Fukuoka Sales Office to Shingu-machi, Fukuoka
March 1997
Opened Hiroshima Sales Office in Fukuyama
July 1998
Joined Japan Ironcover and Resinconcretebox Association
April 2000
Acquired ISO 9001 certification
April 2000
Joined Japan Small Manhole Association as a supporting member
February 2003
Established Otone Distribution Center in Otone-machi, Saitama
February 2004
Joined Nationwide Parabola Industrial Method Society as a supporting member
June 2004
Establish and open local offices of Nationwide Parabola Industrial Method Society
October 2004
Participated as founder in the establishment of the Ductile Cast Iron Council
October 2004
Hirotaka Nagashima assumed the chairman of the Ductile Cast Iron Council
June 2005
Joined Slenderhole Association as a supporting member
July 2005
Joined the newly established Japan Foundry Society
July 2008
Completed “MC Friction Tester”, an anti-skid performance tester for manhole covers
January 2009
Joined Recosul Industrial Association as a supporting member
March 2010
Renamed Washinomiya Office to Kuki Office in conjunction with the merger of Kuki City and Washimiya-machi
March 2010
Renamed Otone Distribution Center to Kazo Distribution Center in conjunction with merger of Kazo City and Otone-machi
April 2011
Joined Japan Sewer Collection System Maintenance Association as a supporting member
July 2011
Joined Hat-Ring Construction Association as a regular member B
June 2015
Relocated Sales Department to Kuki, Saitama
December 2015
Introduced automatic modeling line, automatic casting line, production management with IoT
January 2016
Renewed high frequency induction furnace
March 2016
Next Generation Light Open Manhole Cover “Control Taper” Obtains Construction Technology Examination Certificate of Japan Institute of Wastewater Engineering and Technology
November 2016
Designated as “Sai-no-Kuni Factory” in Saitama
March 2018
Selected for the 2018 edition of the Ministry of Economy, Trade and Industry, The Small and Medium Enterprise Agency “The Vibrant HABATAKU Small and Medium Enterprises 300 Program and The Vibrant HABATAKU Shopping Districts 30 Program”